Coleman 285ツーマントルデュアルフューエルランタン-2


Coleman 285ツーマントルデュアルフューエルランタン-2
我が家のランタンは「Coleman 285ツーマントル」で、コンパクトながらも2マントルのためにとても明るく、我が家の使用環境ではこれ1つだけで事足りていたのですが、最近ちょっと暗く感じるようになってきたので「ジェネレーター&ポンプカップ交換」なるものに挑戦してみました〜^^。

マントルを始めパーツの入手が安価で容易なのがこのランタンの長所でもあるので難なく必要部品をゲット。付属の取説に記載されている図がかなりラフだった事と部品交換は初挑戦だった事で若干の不安を覚えましたが、詳しく解説してくれている動画を発見。iPhoneを片手にサクッと交換し、ついでに普段掃除できないところもお手入れしたので中身も外見もピカピカになりました。早速の先日のキャンプの時に使用してみましたが問題なく点灯し購入当初の明るさに戻りました^^。

*音量注意*

mont-bell パワー ヘッドランプ


mont-bell パワー ヘッドランプ
ヘッドランプです。我が家のハンディータイプのライトはColemanのクアッドLEDランタンを使用しています。デザイン、性能とも問題ないのですが、唯一の欠点が重量。それもそのはず、親機に使用するバッテリーは単1を8本、さらにそれぞれの子機に単4が3本ずつ内蔵されているんです(-ω-;)オモイッス。コンパクトなキャンプスタイルを実践している我が家ですが、なんだかんだで荷物が増えてきているので、ダイエットを敢行すべく人数分購入しました〜^^。

(・∀・)イイ!!
・デザインがシンプル。流石モンベル。
・ボタンのクリック感の節度が良い。
・点灯のみダブルクリックなので誤操作で電池が消耗しない。
・明るい。オートキャンプには必要十分。
・電球色モードが目に優しい。
・圧倒的コストパフォーマンス。俺らのモンベル万歳。
(・A・)イクナイ!!
・特に無し。

オートキャンプ場でヘッドランプを頭に付けているとなんだか仰々しい感じですが、実際使ってみるとやっぱり両手が使えるというのは凄く便利。特に『雨の夜の皿洗い』の時に真価を発揮します。消灯後にテント内で本を読む時は光が視線に合うので、最小限のエネルギーで機能するというのも良いです。あと我が家的な使い道として、息子の耳掃除の時に活躍しています(笑)。今まで使用していたLEDランタンはまだまだ使えるのでリサイクルショップに引き取ってもらい今回のヘッドランプと入れ替えたので、荷物のダイエット作戦は重量も容積も『大幅減』で大成功となりました^^。

Coleman グローブ#4


Coleman グローブ#4
やっちまった〜。我が家では購入時に付いていたソフトケースにランタンランタンハンガーを入れておいて保管&運搬しているんですが、どうやらケースの中でのあたりどころが悪かったらしく、ランタングローブが割れてしまいました〜(涙)。なので、コールマンオンライショップにて注文。翌々日到着の即納でした〜^^。

(・∀・)イイ!!
・即納。正直助かる。
・安心の純正品。当然納まりも問題無し。
(・A・イクナイ!!
・特に無し。

メンテナンス性も考慮してランタンはコールマンの現行品をセレクトしましたが、大正解でしたね〜。早速恩恵を受けました〜^^。交換部品や消耗品等が手軽に入手できるのは魅力ですかね。特にマントルなんかはホームセンターでも入手可能なのは有り難いです。一応日本語版の取説ではこの品番のものが指定されていますが、本国のHPを見ると違うようです。並べて比べないと分かりませんが、いくつかの点で微妙に違います。
1:グローブの径が微妙に小さい。と言っても数ミリ。
2:グローブの縁の処理が微妙に違う。
3:影の模様が微妙に違う。
4:「MADE IN GERMANY」から「MADE IN CHINA」に(笑)。
まぁ、使用感やデザインには殆ど影響しないのでワタシは気にしませんが、オリジナルこだわる人は注意が必要ですかね。

Coleman クアッドLEDランタン


Coleman クアッドLEDランタン
この特徴的なデザインに一目惚れでした〜。デザイン、カラー、機能とも素晴らしい。一般的にはメインのランタンの他サブとして、「調理用」「テーブル(食事)用」「夜間のトイレ用」「テント内照明用」等々を用意しなければならないようですが(特にテント内用は非燃焼系が必須)、コレ一台で全てこなせてしまうポリバレントなプロダクトです^^。

(・∀・)イイ!!
・最近のコールマンにしては珍しいレッド。我が家のサイトにピッタリのカラーです。
・4分割出来るので、あらゆる場面に対応します。
・LEDなので長寿命。電池も充電式のものを使用すればさらに経済的。
(・A・)イクナイ!!
・電池が別売なので、トータルでは高くつく。
・重い。吊るすのはチト厳しい。

我が家の灯りはメインに「285ツーマントル」、サブに「クアッドLED」の2台体制。「285ツーマントル」はランタンハンガーに掛けっぱなし、「クアッドLED」は謳い文句通り、調理用、食事用、トイレ用、テント用にとフル活用してます。
サイト全体の明るさ的には若干スペック不足ですが、「煌々」よりは「ほんのり」のほうが「星空の輝き」や「焚き火の揺らめき」を楽しめるのではと思ってます^^。

snow peak ランタンハンガー


snow peak ランタンハンガー
ランタンを吊るす道具は色々有りますが、コンパクトキャンプを目指す我が家は、ランタンを吊るす為だけに大掛かりなものは不要。と言う訳で、タープのポールを利用できるものを中心に物色。各メーカー色々な特色が有りましたが、最終的にはカラーもデザインも機構もシンプルなコレになりました〜^^。

(・∀・)イイ!!
・コンパクト。ランタンケースに入る位の大きさです。
・カラーもデザインも良い。また可動部分が無いので壊れる心配がない。
・ランタンが落ちにくい。フックの形状が特徴的なので、多少の揺れでも心配無用。
・安い。スノーピークにしては普通の価格です(笑)。
・軽い。スノーピークにしては普通のスペックです(笑)。
(・A・)イクナイ!!
・タープを設営しないと使えない。当たり前か(笑)。

ポールに引っ掛けるだけなので、設置もあっという間。また、先日のふもとっぱらの暴風雨の中でも、ポールから本体がずり落ちる事やフックからランタンが落ちる事は無かったです。こういうシンプルな道具は大好物です。取説不要、単純構造、質実剛健。「ザ・道具」という感じが良いですよね〜^^。
追記(2011.08.28):コーティング部分が破れました〜(涙)。スノーピークに交渉むなしく、消耗部品と判断されました〜(涙)。