Google スプレッドシート


Google スプレッドシート

息子の所属しているサッカー部は、練習試合や公式試合が毎週催されています。入部当初はキャンプに行けなくなってションボリしていましたが、今では応援に行くことが週末の楽しみとなっています。で、せっかく毎回出撃しているなら「息子の部活動」や「夫婦の応援」の一助になればと思い、TeamHubというアプリでスコアをつけデーターの集計をしてきましたが、入力作業に毎回手間が掛かることが大変になってきたのでスプレッドシートをカスタマイズして活用することに変更しました。
我が家的に知りたいデーターは「メンバーのスタッツ」と「対戦校との戦績」がメイン。スプレッドシートはiPhoneでも閲覧、編集、同期ができるので、観戦中はiPhoneで背番号を入力するだけで「メンバーのスタッツ」のシートに反映されるようにし、「対戦校との戦績」はフィルタ機能でデーターを抽出できるようにしました。さらに同じファイルに現在進行中の大会の「リーグ表」と「トーナメント表」のシートを作成することで、現地でも自宅でも簡単にサッカー関係の資料を参照できるようになりました^^。
こんなシステムがお手軽に組めるようになるなんて、全く便利な世の中になったものだ。

Google スプレッドシート(公式HP)

カシムラ AT-55


カシムラ AT-55

スマホホルダーです。我が家ではドライブの時にiPhone6sでGoogleMapをフル活用しています。今まではiPhone6sを小物入れに置いて「音声ガイド」で運用していましたが、たまに操作する時の安全面を考慮して今更感満載ですが導入しました。

(・∀・)イイ!!
・コンパクトで簡単設置。
・強力な磁力のおかげでカバー付きでも対応。
・マグネット式なのでスマホの脱着が容易。
(・A・)イクナイ!!
・スマホケースがやや膨らむ。

ダッシュボード周りがあまりゴチャゴチャするのがお好みでないので、マグネット式のシンプルなものを選びましたがこれが大正解。取り外した後もコンパクトなのでスマホを非装着時もスッキリしています。使い勝手について導入当初は懐疑的でしたが、ドライビングポジションから自然に操作できるのでかなり便利になりました。また視線の移動が最小限になったことで安全面も向上したと思います。

カシムラ AT-55(公式HP)

Apple iPhone 6s


Apple iPhone 6s

今までの我が家のスマホはiPhone5cで、デザイン、性能、その他全く不満がなかったのですが、月々のスマホ代を安く抑えるために「ソフトバンクのiPhone5c」から「UQモバイルのiPhone6s」に乗り換えました〜。

(・∀・)イイ!!
・デザインが素晴らしい。素材は変更されど基本型は現行まで継承。
・指紋認証が凄く便利。そしてレスポンスが爆速。
・カメラの性能がさらにさらにアップ。どんだけー。
・画面が大きい。アイコンの行も一段増量。
・純正のカバーの出来が大変良い。
(・A・)イクナイ!!
・特に無し。

「デザインが素晴らしい(キリリ)」と言っておきながらなんですが、実は裏面があまり好きじゃありません^^;。更に丸みのあるデザインの弊害で素体だと滑り落ちやすそう。と言う訳で、我が家の慣例を捨て今回からカバー派になりましたが、このカバーの出来がすこぶる良好。純正なのでフィット感は完璧で、シリコン素材は手触りも良く汚れも付きにくく尚且つ滑りにくい。そして裏面のゴチャついたデザインとレンズの出っ張りをエレガントにカバー。素晴らしい(キリリ)。スリープ時の佇まいを重視して夫婦ともに本体色はスペースグレイを選び、カバーの色で差別化を図りました。ひと回り大きくなる事で、携帯性や操作性のデメリットを心配しましたが、それほど問題にはならず、逆に文章が読みすくなったりタップミスが減るようになったりとメリットの方が大きく快適です^^。


iOS 11


2017.09.29(fri)
新しいiPhoneも注目ですが我が家的にはiOSのアップグレードも注目です。何しろハードを替えなくても新機能が無料で体験出来るので、密かな楽しみでもありました、、、が、我が家のiPhoneは未だに「5c」なので、iOS 11から見放されてしまいました(-ω-;)ウーン 。(デジャブw)。

MacBook Pro Retina(15-inch, Early 2012)


2017.05.27(sat)
まぁ5年も使っていれば、どこかしらは壊れるわけで。今までの相棒は「MacBook Pro (17-inch, Early 2011) 」で、すご〜く気に入っていましたが、先日天寿を全うしました(チーン)。どうやらグラフィックチップがお逝きになられたようでAPPLEに修理の見積もりをお願いしたら、既に修理の受付をしていないという事実(チーン)。という訳で、次期相棒を探しに「秋葉原」「新宿」と渡り歩きました〜。

(・∀・)イイ!!
・SSD! SSD!。爆速すぎ。
・Retina! Retina!。高精細すぎ。
・USB3! USB3!。爆速すぎ。
・りんごマークが光る。これ重要。
(・A・)イクナイ!!
・光沢ディスプレイが眩しい。でも非光沢の設定がないから仕方あるまい(-ω-;)ウーン 。

2012年以降のMacBook Pro Retinaはそれまで以上に薄くなってますが、その弊害として購入後のメモリのアップグレードが出来ない(ウーン)。さらにSSDを採用したことによりそれまで以上に高速になってますが、これまたその弊害として、アップグレードは可能ですがSSDの値段がまだまだ高い(ウーン)。というわけで、初めからフル装備の中古に狙いを定め、運よくメモリ16GB、SSD750GBなこやつと出会いました^^。
1ヶ月ほど使ってみての印象ですが、とにかくSSDの体感速度が際立ちます。誇張しすぎ感がありありで使いたくないワードですが本当に「爆速」です。電源を入れてからの起動時間が恐ろしく短い。今までは起動時間の短縮のため「スリープ」を選ぶことが多かったですが、爆速を体感したいがために無駄に「システム終了」を選んだりしてます(笑)。そしてRetinaの綺麗さにも戦慄。今までは気にならなかった写真のアラが目立つ目立つ^^;。こりゃ〜カメラも買いk、、、。パソコンの寿命は凡そ5年と言われますが、可能な限り永くお付き合いしたいですね〜。