ドラゴンフライメンテナンス-3


2018.08.14(tue)

先日のキャンプの時に燃料漏れを起こしていたのでパーツの交換をしました。交換後は燃料の漏れもなくバルブの手応えもキッチリ。こんな小さいパーツでも重要な働きをしているんですね〜。と、小さなパーツつながりで、かつてALFA145のシフトレバーブッシュを交換した時も小さなパーツだけど重要な役割だったことを思い出しました。

ドラゴンフライメンテナンス-2


2018.02.18(sun)
以前とは別のパーツを交換しました〜。「ウィック」と呼ばれるパーツで、ケロシン仕様のプレヒート時に使います。我が家では基本的にホワイトガソリンで運用しているので出番が殆どありませんが、冬が終わった時に余った灯油を消費する為に、年に数回ほどケロシン仕様で運用するのです。と言う訳でモチヅキのネットショップで部品をサクッと入手。手順もネットに載っているのでサクッと交換。2010年に我が家にやってきてドラゴンフライですが、まだまだ永く活躍してくれそうです^^。

ドラゴンフライメンテナンス


2015.12.27(sun)
前回のキャンプの時に調子が悪かったので、分解して原因を調査。その結果を元に発注した部品が先日届いたので修理しました〜。殆どのパーツがバラ売りされているのは嬉しいですね。おかげで無事復活。まだまだ活躍してもらいますよ〜^^。

ドラゴンフライケロシンイヒ


2014.05.26(mon)
去年から始めた恒例行事、ドラゴンフライのケロシン化をしました〜。といってもジェットを交換するだけです。冬に使い切れなかったアルパカ用の灯油をキャンプで消費するという作戦なのですが、今年度は地元と息子のイベントが忙しくてなかなか出撃出来ず(-ω-;)ウーン 。と言う訳で現在自宅にて絶賛活躍中^^。ただ、室内のキッチンで使うと轟音に拍車がかかる(笑)。