Aピラー修理


2018.02.03(sat)
Aピラーの修理です。我が家の145は90年代のイタリア車なのでクオリティは言わずもがな。この年代のイタ車の内装パーツはほぼ確実に「ベタベタ」若しくは「ボロボロ」になります(悪魔の実w)。145は後者で、見た目が悪いだけではなく為機能上も問題が出てきたので、重い腰を上げて満を持して修理に取掛かりました。当初は「塗装」にしようかと思っていたのですが、下地が崩壊寸前だったので補強の意味も含めて「シート貼」に変更。車用ではありませんが耐久性が高そうな「3Mダイノックフィルム」を採用してみました。ドライヤーで温めながらの作業だったので夫婦で協力して作業し、一応ある程度のクオリティには仕上がりました^^。

4 Replies to “Aピラー修理”

  1. うちのGTは内装が浮いており
    昨年ツレと二人で一生懸命、張り替えましたがもう浮いております。(´・ω・`)
    プロに任せるか、内張剥いて塗装するかで悩み中です。。。

    1. *並 さんへ
      こんにちは〜。
      >うちのGTは内装が浮いており昨年ツレと二人で一生懸命、張り替えましたがもう浮いております。(´・ω・`)
      我が家の145もドアの内側が少し浮いてます。ピラー修理の時に取り外すのに凄く苦労したので、同じ罠が仕掛けられていそうなドアトリムは見て見ぬ振りです(笑)。
      >プロに任せるか、内張剥いて塗装するかで悩み中です。。。
      仕上がりはプロの方が間違い無いですが、内装のリペアって値が張るので悩みますよね〜。その分を他の懸案事項にかけたくなってしまう^^;。

  2. うちは天井の布が剥がれ落ちつつあります(涙)
    スポンジ劣化なので剥がして貼り直しという手もあるのですが、業者に頼んで7万くらい、張り替えせずに総取っ替えで10万くらいみたいです。
    結果、見て見ぬ振りしてます(汗)

    1. *kuroazuki さんへ
      こんにちは〜。
      >うちは天井の布が剥がれ落ちつつあります(涙)スポンジ劣化なので剥がして貼り直しという手もあるのですが、業者に頼んで7万くらい、張り替えせずに総取っ替えで10万くらいみたいです。
      「天井垂れ下がり」は欧州車あるあるですね。145は幸い天井はスポンジを使っていないようなので垂れ下がってはいないですが、接着剤が経年劣化で滲み出て「怨霊感」がマックスです(笑)。
      >結果、見て見ぬ振りしてます(汗)
      こんな感じに等間隔で補強してみたらどうでしょう。ソファの本革っぽく見えたりしてオシャレかも^^。
      https://ameblo.jp/tr-ecoist/entry-12272585471.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です