MSR Mountain Safety Research


MSR Mountain Safety Research
アウトドアブランドの中では「MSR」が一番のお気に入りです。もう当分買うものが無いというのに、何となく本家HPをふらついていたら、いつのまにやら動画がアップされていたので「これは!」とお思い、、、嘘です。本当は「先週のキャンプはインフルエンザにやられあえなく中断(涙)」「今週のキャンプは降雪のためあえなく中止(涙)」という憂き目に遭ったので憂さ晴らしでまとめました(笑)。

(・∀・)イイ!!
・プロダクト全般のデザインが良い。キャンプ初心者でも分かる格好良さが素敵。
・ロゴがカッコいい。ロゴのステッカーをアチコチに貼るのはあまりお好みではないが、コレは許す。
・パッケージがイカす。APPLEのパッケージもイカすが、コレもなかなかだ。
(・A・)イクナイ!!
・日本国内の価格が高い。う〜ん、解せない。売る気がないのか→代理店。
・テントリペアキットのラインナップが不十分。何故現行カラーが無い。

ワタシは去年からキャンプを始めたので、「MSR」の前身である「Moss」についてはほとんど知りません。なのでそれほど思い入れがありませんが、往年のファンにとっては、最近の「MSR」の傾向(グリーン化したフライシートやら、吊り下げ式化したインナーテントやら)はあまり歓迎されていないようですね〜。「AlfaRomeo」が「Fiat」に買収されてからのようですかね(笑)。にわかファンとしては現行の「MSR」も現行の「AlfaRomeo」も好きなんですけどね^^。
そうそう、動画を見て思ったのが、山岳用のテントのペグはハンマーで打たないんですかね〜。以前どこぞのテント設営の動画を見ていた時も石で打ってたし、この兄さんに至っては手のひらで押し込んでるし(笑)。


*Carbon Reflex Setup*

*Hubba Tent Overview*

*HubbaHubba Setup*

*Zing Twing Setup*

*Condensation*

Nikon COOLPIX S8100


Nikon COOLPIX S8100
今までXacti DMX-C6という、動画も静止画も手軽に撮影出来るユニークなデジカメを使っていたのですが、経年劣化の為オートフォーカスが狂ってきていたので買い替えねばと思いつつも、暫くは借り物のデジイチを使っていました。皆さんのブログを拝見する度に「いつかはMYデジイチ」と野望を抱いていましたが、流石にデジイチを携えながらわんぱく坊主の相手はチト辛い。また、最近は撮ってませんでしたがやっぱり動画も残しておきたい。そこで「コンパクト」&「HD動画」を主眼に物色し、「SONY DSC-WX5」、「RICOH CX4」と迷いましたが、キムタクのデザインの格好良さと性能のバランスの良さが決め手となり、名前もクールなコチラとなりました〜^^。

(・∀・)イイ!!
・デザインが良い。レンズの位置が銀塩カメラっぽくて素敵。
・質感が良い。重量も程よくあるので高級感がある。
・レスポンスが良い。起動、ズーム、AF、記録など一連の動作が早い。
・驚愕の10倍光学ズーム。このサイズではなかなか凄い。
・FULL-HD動画が撮影出来る。時代はフルハイビジョン。
・コンパクト。これも外せない(笑)。
・動画の保存形式が.mov。なのでmacとの相性抜群。
・暗所に強い。曇りや室内でもフラッシュ無しで綺麗。
(・A・)イクナイ!!
・名前がクールなのにロゴデザインがクールでない。とくに「X」がイケてない。
・機能が豊富過ぎ。そして取説が厚い。

コンパクトでレスポンスが良いので、「サッ」と取り出して「パッ」と撮る事が出来きます。風景などをとるだけなら特に問題ありませんが「カメラを携えて子供と一緒に遊びながら決定的瞬間を撮る」にはこの機動性がモノを言います。サンプルは先日スノボに行った時のものですが、静止画も動画も思った通りの瞬間に撮影出来ました^^。マイノリティー派としては「SIGMA DR2s」あたりが最高なんですが(笑)、残念ながらコチラはレスポンスと動画撮影がいまいちのようでしたので今回は見送りました。念願の「デジイチデビュー」とはなりませんでしたが、それはまたのお楽しみと言う事で^^。


*PHOTO*

*MOVIE*

Prism EO ATOM


Prism EO ATOM
こう見えて、実は「凧」です。今まで使っていた戦隊シリーズのビニール製の凧が、経年劣化と酷使の為に破損。ビニールテープで修理しては壊れるの繰り返しで、騙し騙し使っていましたがいよいよ修理不能に。新しいものを物色していた所、とある雑誌でこのメーカーの凧を見かけデザインに一目惚れ。そのメーカーのラインナップの中でもコンパクト且つデザインが美しいコチラになりました〜。

(・∀・)イイ!!
・デザインが良い。折り畳まれた状態も美しい。
・カラーが良い。綺麗なグラデーションです。他のバリエーションも捨てがたい。
・造りが良い。簡単には壊れそうも無い。
・収納袋が機能的。デザインも然ることながら、グリップの収納ポケットも付く。
(・A・)イクナイ!!
・特に無し。

パッと見、こんなの上がるの?と言った感じですが、ちゃんと上がりました。また地面に置いても簡単に飛上がるので子供一人でも遊べます。一般的な凧のイメージ(三角形や四角形等)とは違う形状が空に居るのでなんだか不思議な光景(イメージ的にはこんな感じですかね(笑))ですが、美しいデザインとカラーのおかげか、なかなか優雅な感じでもあります^^。

Coleman キャンピングバッグ/L


Coleman キャンピングバッグ/L
「2010年新商品」の割には、やけに古ぼけてるような、、、。そ〜なんです。実はコレ、まだ若かりし頃のワタシが(笑)サークル活動(非キャンプ)の道具を入れる為にと、どこぞのスポーツ店で購入したものなんです。で、どのくらい昔かな〜と思って数えてみたら、、、どひゃ〜、なんと19年前!!。つい最近までほとんど出番がなかったのですが、キャンプを始めてから購入したシュラフとマットを入れるのに丁度良い事が判明して以来、昔同様バリバリ使ってます^^。

(・∀・)イイ!!
・丈夫。もうこれに尽きる(笑)。
・シンプルなデザインで飽きがこない。現行品と同デザイン。
・サイドハンドルが便利。「肩掛け+ハンドル」で重い荷物も楽々運搬。
(・A・)イクナイ!!
・特に無し。

正直、そんなはるか昔に購入していたものとは思ってませんでした〜(汗)。でもこんなに長い付き合いなのに、このバッグにまつわるエピソードがコレと言って無い(笑)。いいね〜、完全に黒子に徹してるね。それに加えてこのタフさ。うん、道具として最高だ。流石に見た目はくたびれていますが、まだまだ使えます。そして、いまだに同デザインの製品が流通していると言うのも嬉しいですね。これにならって、今年購入したキャンプ道具たちが、20年後でもバリバリ使えるように大切に使っていければな〜と思っています^^。


CREW’S クルーズカート(S-55)


CREW’S クルーズカート(S-55)
キャリーカートです。もともとは自宅から駐車場の荷物運搬やゴミ出し等、普段使いで使用していたものですが、今や立派なキャンプ道具となってます^^。デフォルトでコンテナが一つ付いていますが、もう一個追加購入しています。我が家では、2つのコンテナにキャンプ道具を入れて、それをルーフボックスに積んで利用しています^^。

(・∀・)イイ!!
・デザインが良い。カートとは思えないスタイリッシュさです。
・コンパクトに折り畳める。コンテナをルーフボックスに積んだ後は、畳んでトランクへ収納。
・軽い。見た目に反して軽いです。
・意外と耐加重あり。キャンプ道具程度は問題無し。
・ギミック満載。上段を跳ね上げたり、ハンドルを垂直に立ち上げたりと、色々変形出来ます^^。
(・A・)イクナイ!!
・カラーがサイトに合わない。キャンプを始める前からあったので仕方有るまい。

自宅から駐車場の荷物運搬はもちろん、オート不可のキャンプ場での荷物移動や、薪の運搬等で活躍しています。カートとしてだけでなく、キッチンテーブルや、椅子代わりにもなるので、なにかと便利に使ってます^^。