Monroe® Max-Lift


Monroe® Max-Lift

リアゲートダンパーを交換してきました〜。ハッチバックドアを持ち上げるのをアシストするパーツですが反発力がだいぶ弱ってきていて、最近では荷物を積み込んでいるときに「胴体ギロチン事件」が何度か起きていたのでリフレッシュです。もちろん純正品はとっくの昔に欠品。純正相当品も国内欠品のようだったので海外からはるばるやってきました。交換後はドア開度の途中から自動的に跳ね上がる勢いで快適そのものです^^。

Monroe® Max-Lift(公式HP)

ALFA ROMEO TWIN SPARK MAINTENANCE FILE


ALFA ROMEO TWIN SPARK MAINTENANCE FILE

ALFA145に搭載されているエンジンは「TWIN SPARK」と言って1つのシリンダーに2つのスパークプラグが付いている個性的なユニットです。汎用性が高い為かコストダウンの為かは不明ですが、当時の本国ラインナップの全車種(145、146、147、155、156、166、GT、GTV、Spider)に搭載されていて、さらに排気量も幅広くラインナップ(1.4L、1.6L、 1.8L、 2.0L)されていたポリバレントなエンジンだったりもします。現代の車と比べるとお世辞にも「パワフル」「トルクフル」とは言い難いですが、「サウンド」「レスポンス」「フィーリング」が絶妙にブレンドして、運転している事が楽しく思えるのです。
そんな「TWIN SPARK」 にスポットを当てた、これまた「誰得?」「俺得!」な書籍の紹介です。基本的にはエンジン中心の内容ですが、足回りやミッション関連も意外と掲載されているので、90年代の「TWIN SPARK」のALFAオーナー必読&必携な一品です^^。

ALFA145 整備マニュアル(英語版)


ALFA145 整備マニュアル(英語版)

ALFA145の純正の整備マニュアルです。自分でガッツリな整備は出来ないのですが、簡単な作業の参考用や主治医に相談する前の予習用として活用しております。「室内トリム取り外し」の軽作業から「ボディ修復」の重作業まで、多岐に渡った事例が掲載されていますが、車両と同じく信頼度がイタリア〜ンなので純正とはいえど鵜呑みにはできません(笑)。直近に掛かったのトラップとしてはAピラーを補修したとき、外すべきビスの位置が間違っていたので無駄に時間が掛かりました^^;。

Alfa Romeo Racing


Alfa Romeo Racing

咋シーズンより「Alfa Romeo Sauber F1 Team」としてF1に復活したAlfa Romeoですが、今シーズンから名称を変更したようです。その名も

Alfa Romeo Racing(ジャーン)

、、、。なんというか、色々事情があるにしても「最初からコッチで良かったんじゃない?」というネーミングの今さら感と「あり合わせのもので作りました!」というロゴのやっつけ感に、突っ込まずには居られない(笑)。

Alfa Romeo Racing

カシムラ AT-55


カシムラ AT-55

スマホホルダーです。我が家ではドライブの時にiPhone6sでGoogleMapをフル活用しています。今まではiPhone6sを小物入れに置いて「音声ガイド」で運用していましたが、たまに操作する時の安全面を考慮して今更感満載ですが導入しました。

(・∀・)イイ!!
・コンパクトで簡単設置。
・強力な磁力のおかげでカバー付きでも対応。
・マグネット式なのでスマホの脱着が容易。
(・A・)イクナイ!!
・スマホケースがやや膨らむ。

ダッシュボード周りがあまりゴチャゴチャするのがお好みでないので、マグネット式のシンプルなものを選びましたがこれが大正解。取り外した後もコンパクトなのでスマホを非装着時もスッキリしています。使い勝手について導入当初は懐疑的でしたが、ドライビングポジションから自然に操作できるのでかなり便利になりました。また視線の移動が最小限になったことで安全面も向上したと思います。

カシムラ AT-55(公式HP)