MacBook Pro Retina(15-inch, Early 2012)


2017.05.27(sat)
まぁ5年も使っていれば、どこかしらは壊れるわけで。今までの相棒は「MacBook Pro (17-inch, Early 2011) 」で、すご〜く気に入っていましたが、先日天寿を全うしました(チーン)。どうやらグラフィックチップがお逝きになられたようでAPPLEに修理の見積もりをお願いしたら、既に修理の受付をしていないという事実(チーン)。という訳で、次期相棒を探しに「秋葉原」「新宿」と渡り歩きました〜。

(・∀・)イイ!!
・SSD! SSD!。爆速すぎ。
・Retina! Retina!。高精細すぎ。
・USB3! USB3!。爆速すぎ。
・りんごマークが光る。これ重要。
(・A・)イクナイ!!
・光沢ディスプレイが眩しい。でも非光沢の設定がないから仕方あるまい(-ω-;)ウーン 。

2012年以降のMacBook Pro Retinaはそれまで以上に薄くなってますが、その弊害として購入後のメモリのアップグレードが出来ない(ウーン)。さらにSSDを採用したことによりそれまで以上に高速になってますが、これまたその弊害として、アップグレードは可能ですがSSDの値段がまだまだ高い(ウーン)。というわけで、初めからフル装備の中古に狙いを定め、運よくメモリ16GB、SSD750GBなこやつと出会いました^^。
1ヶ月ほど使ってみての印象ですが、とにかくSSDの体感速度が際立ちます。誇張しすぎ感がありありで使いたくないワードですが本当に「爆速」です。電源を入れてからの起動時間が恐ろしく短い。今までは起動時間の短縮のため「スリープ」を選ぶことが多かったですが、爆速を体感したいがために無駄に「システム終了」を選んだりしてます(笑)。そしてRetinaの綺麗さにも戦慄。今までは気にならなかった写真のアラが目立つ目立つ^^;。こりゃ〜カメラも買いk、、、。パソコンの寿命は凡そ5年と言われますが、可能な限り永くお付き合いしたいですね〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です