QUADRIFOGLIO


QUADRIFOGLIO

QUADRIFOGLIO(クアドリフォリオ)はイタリア語で「四つ葉のクローバー」の意。我が家の145は日本では単に「ALFA 145」と呼ばれてますが、本国ではスポーティーグレードというポジションなので「Alfa Romeo 145 Quadrifoglio Verde」と立派な名前で呼ばれています。その証としてエクステリアに3個ほど四つ葉のバッヂが付いていますが、実はあと1個どこかに隠れていたりします。それはボンネットを開けたエンジンルームの中にあり、オイルゲージのグリップに象られてるのです。90年代以前のイタ車はエンジンオイルが漏れる減るのは標準仕様なのでオイル量の管理は必須項目。我が家では洗車の度にオイルをチェックしてますが、グリップを見るのが密かな楽しみだったりします^^。

クアドリフォリオの歴史


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です