snow peak 焚火台 グリルネット S


snow peak 焚火台 グリルネット S
初めてここに行った時に買ってしまいました〜。今まではホームセンターで売っている「ザ・金網」を使用してバーベーキューをしていましたが、数回使うとダメになってしまうんですよね〜。まぁ値段が安いのでしょうがないですが。焚火台Sを選ぶのにもレンタルして検証したので、今回もコロダッチと合わせてレンタルしようかな〜と思っていましたが、レンタル料金が1000円!。3150円の製品で1000円か〜、ならば買ってしまえと。う〜む、まんまとスノピの策略に乗ってしまった感が(笑)。

(・∀・)イイ!!
・軽い(スノーピークにしては)。
・丈夫。流石スノーピーク。
・洗いやすい。メッシュの目がストレートなので、汚れが落ちやすい。
(・A・)イクナイ!!
・メッシュの目が粗いので肉が落ちる。

これをバーベキューだけの為に買うなら、正直オーバースペックですね〜。重いし、嵩張るし、肉は落ちるし(笑)。ただ、ダッチオーブンで料理をするならこれほど頼もしいものは無いと言った造りで、ダッチの重さにも当然耐えられますし、高さが変えられるので火加減を調節したり、上火や炭の追加などの出し入れが出来たりと、流石専用設計。
これで我が家には「焚火台+炭床+グリルネット」が揃い、残す所「ベースプレート&ベースプレートスタンド」でコンプリート目前となりましたが、この3点セットならギリギリ両手で持ち運べるので、重さ的にもう限界ですかね〜。


余談ですが、スノピの「焚き火台ベースプレート」って必要なんですかね〜。どうも存在理由が不明だ(持っている人ごめんなさい)。去年「焚き火台S」を購入する時から疑問だったんですが、あきらかにそれと分かる焼け跡が芝生にくっきり残ってたり、落ち葉の下隠れて回収し忘れたものが残ってたり、やたら重かったりとなんだか悪い印象しか無い。今年から廃盤にでもなるかな〜と思ったら、「ベースプレートスタンド」なるものがリリースされているし。ちなみに去年のカタログには「灰や放射熱から地表を守るため」と書いてあるが、今年からはなにも書いていない。う〜ん、謎だ。

“snow peak 焚火台 グリルネット S” への2件の返信

  1. こんばんは~!
    今日はどうもでしたー!
    あれ、グリルネットってこんなに黄色と言うか金色だったっけ?
    と一瞬思いましたが、ZINGの映り込みだと気付いて納得です(笑)
    肉は隙間から落ちちゃいますよねー。
    洗いやすいのはいいのですが・・・

    1. *kuroazuki さんへ
      こんにちは〜。
      昨日はお世話になりました^^。
      >あれ、グリルネットってこんなに黄色と言うか金色だったっけ?と一瞬思いましたが、ZINGの映り込みだと気付いて納得です(笑)
      そうそう、Zingの下は、遮光性は低いですが黄色くて明るいんですよ^^。昨日くらいの気候なら丁度良いですかね〜。
      >肉は隙間から落ちちゃいますよねー。洗いやすいのはいいのですが・・・
      初めて使った時に何個落とした事か(笑)。今は落ちないように、肉や野菜は大きめにカットして対応してます^^。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です